オフィス家具の魅力、選び方!知りたいこと教えちゃいます!!

オフィス家具.essential オフィス家具トップページ オフィス家具を選ぼう! オフィス家具レンタル オフィス家具と健康 オフィス家具のレイアウト オフィス家具レイアウトのコツ 中古オフィス家具の魅力 アスクルとは・・・ オフィス家具に関するリンク集

デスクレイアウトのコツ

対向式レイアウト

日本で1番多く見受けられるオーソドックスなレイアウトです。グループ単位で向かい合って座るレイアウト。ひなだんに役職者(管理者)が座るパターンが多いです。

営業部などに最適なレイアウト
チームワークやスペース効率を重視したレイアウトで営業部などに最適なレイアウトと言えます。

対向式レイアウトのメリット

・グループ単位でのコミュニケーションが取りやすい。

・スペース効率がよく、省スペース化が図れる。

・チーム内での管理がしやすい。

・レイアウトがしやすく、レイアウト変更もしやすい。

・机の間に配線できるので処理がし易くコスト的にも安価。

対向式レイアウトのデメリット

・正面や側面に人が近くに居るのでプライバシーが低い。

・正面のPCなどのファンが直接噴出してくる。

・奇数人数に対応できない。

スクール式レイアウト

学校の教室のようにデスクを同一方向に並べるレイアウトです。管理者は後列に配置し全体を見渡せる場所に配置します。

業務系部署に適しているレイアウト
部下管理重視型。受付付近で来客に対して背を向けないようなっている為、銀行のような店舗兼事務所によく見受けられるレイアウトです。

スクール式レイアウトのメリット

・前後左右の人たちとのコミュニケーションが取りやすい。

・比較的プライバシーの確保が高い。

・人の管理がしやすい。

・来客者に背を向けないようにするレイアウトには最適。

スクール式レイアウトのデメリット

・通路が多くなりスペース効率が悪い。

・監視的なイメージが強くなる恐れがある。

・配線の処理が難しい。

背面式レイアウト

グループ内の人がお互い背を向けて座り、パーティションで囲うレイアウトです。プライバシーもある程度確保しつつ、チェア回転し後ろを向くことによりコミュニケーションも容易に取れるレイアウトです。

企画チームやプロジェクトチームに最適
コミュニケーションとプライバシー確保を両立させたレイアウト。ある程度の集中とチームワークを必要とされる企画グループ等に最適なレイアウトです。

背面式レイアウトのメリット

・スペース効率がよく、省スペース化が図れる。

・プライバシー確保とコミュニケーションの両立をはかれる。

背面式レイアウトのデメリット

・ローパーティション(間仕切)を使用するため、若干コストアップする。

・管理者の配置が難しい。

クラスター型レイアウト

収納やテーブルなどを挟んで左右対象に配置するレイアウト。左右対称型レイアウトとも言う。

デザインチームや設計部などに適したレイアウト
作業スペースと個人収納などの拡大が図れる事と、コミュニケーションをとり易いレイアウトです。ある程度のプライバシーも確保できるので作業に集中でき、デザイン部や設計部門に向いているレイアウトと言えます。

クラスター型レイアウトのメリット

・比較的プライバシーの確保ができる。

・左右前後の人とのコミュニケーションが取りやすい

・収納で仕切ると個人収納量のアップが図れる。

・センターの仕切りとデスクの高さを合わせる事で作業スペースを広く取れる。

クラスター型レイアウトのデメリット

・スペース効率が比較的悪い。

・配線処理が難しい。

・役職者の配置が難しい。

キュービクル型レイアウト

個人スペースをパーティションなどで仕切ったパターンのレイアウトです。ブース型レイアウトとも言われ外資系企業によく見受けられるレイアウト。スペースにより多彩なパターンがあります。パーティションの高さでプライバシーを高めたい場合は高さ1,500mm前後。コミュニケーションを重視したい場合は高さ1,200前後でおさえる。目的によってパーティションの高さを決めましょう。

キュービクル型レイアウトのメリット

・プライバシーの確保ができて、集中した作業ができる。

・個人収納、ワークスペースの確保がしやすい。

キュービクル型レイアウトのデメリット

・スペース効率が悪い。

・パーティションの高さによるがコミュニケーション不足と管理面が悪い。

・パーティション等でコストアップする。

十字型レイアウト

デスクの中心にテーブルを置き、90度づつ4台のデスクを配置するレイアウトです。クロス型とも言われています。

少人数の部門やコールセンター等にに適したレイアウト
横顔は見えるがお互いが目線を合わせないので、比較的プライバシーの確保ができる事と横を向くことですぐにコミュニケーションが取れる。センターテーブルに共有の機器(プリンター)などを置くことで作業効率も高くなります。

十字型レイアウトのメリット

・お互いが目を合わせないのでプライバシーの確保ができる。

・コミュニケーションが取り易い。

・中央の作業スペースを4人で使用できる。

十字型レイアウトのデメリット

・スペース効率がやや悪い。

・人数が4人と決まっているので増員対応ができない。

ベンゼン型レイアウト

120度のデスクを3つ合わせ、連結することでY字に配置するレイアウトです。

プロジェクトチームなどのチーム単位で作業する組織に最適
コミュニケーションが取りやすい事、作業スペースが広く確保ができることからプロジェクトチームなどグループで作業する部門に適したレイアウト。大人数の部門に向いているレイアウト。

ベンゼン型レイアウトのメリット

・コミュニケーションがとりやすい

・広い作業スペースを確保できる

・配線処理がしやすい

ベンゼン型レイアウトのデメリット

・スペース効率が悪い

・人数に制限がある

2015/3/24 更新

最適なオフィスをつくるうえでオフィス家具は重要な位置を占めます。
オフィスで使用する家具で最低限必要なアイテムとして、デスク、イス、キャビネット(収納家具)はどこの事務所でも必ずあるものですが、その他にもローパーテーション、応接家具、打ち合わせのテーブルやイス、ホワイトボード、オフィスアクセサリー(傘立てや電話台、コートハンガー等)、その他様々なオフィス家具があります。それらオフィス家具を皆さんは何を基準に選んでいますか・・・?

カウネットってご存知ですか?!

・コピー用紙、ファイルなどオフィスの定番商品はもちろんのこと、OA・パソコン用品、オフィス家具、生活用品など豊富にラインアップ。

・カウネットなら、エコマーク商品も安心してお求めいただけます。(財)日本環境協会エコマーク事務局監修済グリーンステーションデータを掲載。

HOME選ぼうレンタル家具と健康レイアウトコツ中古の魅力アスクルリンク集

Copyright:(c)2008 オフィス家具.essential. All rights reserved.